おせちに入れるものとは

subpage1

おせち料理は本来正月だけでなく、季節の変わり目など「節日」を祝うために、神様のお供ものを「お節供(おせちく)」と呼んでいましたが、略されて「御節(おせち)」となりました。

江戸時代に庶民に広まり、1番大事な節日である正月の料理を「おせち料理」と言うようになりました。
正月三が日は、かまどの神様に休んでもらい、主婦を家事から解放させるということで、日持ちのするものが多いです。
基本は、祝い肴三種(三つ肴と口取り)・煮しめ・酢の物・焼き物ですが、三つ肴は関東は黒豆・数の子・ごまめ(田作り)で、関西は黒豆・数の子・たたきゴボウです。


重箱に詰めることは、めでたさを重ねるという縁起からです。

おせちについて知りたいならこのサイトです。

1段目は、数の子(魚卵は数が多く子孫繁栄)や昆布巻(「よろこぶ」に通じ、養老昆布・子生と書き子孫繁栄)、田作り(片口鰯を肥料として使った田畑が豊作になったことから、五穀豊穣を願い「五万米」の字を当て「ごまめ」とも呼びます)や黒豆(黒く日焼けするほどマメ(勤勉)に働けるくらい健康に暮らせるように)、紅白かまぼこ(赤は魔除けや慶び、白は清浄や神聖さの意味)や伊達巻(華やかさを表すとも。



書物の巻物に似ているので、学問成就)が入ります。また、栗金団(金運を呼ぶ縁起物)や錦玉子(黄身と白身の二色(にしき)が錦、の語呂合わせ)、たたきゴボウ(深く根をはり「繁栄」)やちょろぎ(「長老喜」「千世呂木」から長寿祈願)もあります。


2段目は焼き物と酢の物で、ぶり(出世魚のため出世を願う)、鯛(慶事の赤がメデタイ)、海老(海老のように腰が曲がるまで長生きする)、紅白なますなどです。3段目は、れんこん(将来の見通しがきくように)、里芋・八つ頭・くわい・ゴボウ(子孫繁栄)などを含めた煮しめです。



詰めるものの由来を知ると、昔から伝わる伝統や願い、知恵を感じることができ、違った意識でいただくことができます。

おせちをよく学ぶ

subpage2

正月に欠かせない料理としておせち料理を挙げることが出来ますが、普段は別々に暮らしている家族が集まって賑やかに食べることが出来るので人気があります。おせち料理の基本は煮しめと酢の物、焼き魚の祝い肴三種で、これらの料理にこだわっている家庭も多いですし地方によって味が違うのも大きな特徴です。...

next

おせちをもっと知る

subpage3

核家族化が進む現代では、「おひとり様」という言葉がすっかり市民権を持つようになりました。昔からお正月は、遠くに住む家族や親戚が一同集まってみんなでおせちを囲みながら過ごすというのが習慣でしたが、忙しい日常の中で、帰省もままならないという人も数多くいます。...

next

おせちを身に付けよう

subpage4

おせち料理はお正月に楽しむ事ができる特別な料理であり、離れて暮らす家族が集まって料理を囲んで新年を祝います。おせち自体は新しい年を迎えることをお祝いする意味があり、特別な料理の1つです。...

next

おせちを詳しく知りたいなら

subpage5

普段節約をして生活する方も、たまには贅沢な生活を楽しむことで、気持ちの変化もあり、仕事などいろんなことを頑張れるようになる方もいます。お正月に楽しむ時間を作りたい方も多く、少し贅沢をして豪華なおせちを購入する方法もあります。...

next