女性用作業服の特徴と選び方

現場で働く女性も多いので作業服もおしゃれなものが増えてきています。あくまでも作業しやすい服装であればスタイリッシュなデザインでも認める会社も多いです。デザイン性の高い女性用の作業服を着ることでモチベーションもあがり作業の能率もあがるという人もいます。女性用の作業服を選ぶ場合はやはりサイズが気になる人が多いです。

男性用の小さなサイズを選ぶと袖口が大きく開いたりウエスト周りが不格好になるので気をつけてください。おすすめはレディース専用の作業服です。レディース専用ならサイズもぴったりのものが多いので、自分にあったものを選びやすくなります。レディース専用のSやSSなら、ウエストやヒップラインも女性の体形に合わせたシルエットになっているので身体にフィットしやすいです。

可愛いデザインやおしゃれなデザインも豊富に揃っているので自分の気に入ったものを選んでください。いくら機能性に優れているものを選んでもサイズ選びを間違えてしまうと、せっかくの機能が発揮できなくなりますが、他の服のサイズとは異なるので注意が必要です。作業服のサイズ表には二種類あります。着る人の身体のサイズが書かれている場合と、ヌード寸と呼ばれる上がり寸で表記されている場合がありますが、上がり寸とは服自体の出来上がった寸法のことです。

サイズを確認して着てみたら、実際よりも小さめになる場合は、上がり寸で表記されている可能性があります。ブルゾンなどゆとりが必要な場合は、身体の寸法よりもバストのサイズが20から24センチくらい大きいものを選ぶといいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です