女性向け作業服について

作業服というと、ダサいイメージが大きいのですが、最近の女性向けの作業服は機能性ばかりでなく、ファッション性も大きく向上しています。現場の作業服なのに有名デザイナーによるデザインを採用している企業もありますし、社員がデザインする企業もあります。服の形では、ズボンとキュロットを自由に選べる企業もあれば、検査や事務などの危険の少ない仕事の場合はスカートもあります。色も様々な色が採用され、カラフルとなってきています。

又、女性向けにはマタニティー仕様の用意も必須です。今の世の中、働く人の人口が減少し、企業にとっては人材の確保が大きな問題となっています。特に第一次産業や第二次産業の現場では人手不足が深刻です。人材確保の条件としては、給料や仕事内容のみならず、作業環境や見た目のかっこよさなども重要なファクターです。

特に女性にとっては、作業服がダサくてはいくら給料が良くてもなかなか働く気にならないのではないでしょうか。マタニティー姿も美しい先輩が働いているところなどを見学してもらえば、この企業は女性を大切にしている企業だと感じてもらえて、好印象となり採用につながります。周りからの企業イメージのアップになります。実際に働いているかたも、服や仕事に愛着が生まれます。

その愛着こそが重要なのです。作業効率もあがりますし、仕事の定着率も新規採用率もあがります。男性の定着率もあがりますよ。社員の採用や定着率で悩まれている企業の総務や人事部の皆様、是非貴社の女性向けの作業服の見直しを行ってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です