レディース用の作業服選び

仕事をするための服装として、営業や事務の人になればスーツという男性が大半となりますが、物を作ったりと作業系の仕事となると作業服が必要になってきます。これは、男性だけでなく女性も必要になるのですが、作業服はただサイズだけで選ぶのは非常に危険です。男性と女性とは同じMサイズであっても体つきが違うことになるので、男性用としてたくさん販売されている作業服の中から選ぶと動きにくかったり恥ずかしい思いをすることにもなってしまいます。女性であればレディース用として作られている商品を選ぶ必要があり、そこにはさまざまな工夫が施されているのです。

作業をしていても、前にかがんだり両腕を持ち上げたりと大きな動きをすることで、作業服がずれて肌が見えてしまうこともあります。他の男性スタッフが気になってしまうこともあるので、肌の露出はできるだけ避けたいものです。注目しておきたいポイントとしては、胸元と腰があります。前かがみになった時には襟ぐりが広いとデコルテラインが見えてしまうことになるので、レディース用ではインナーも合わせて襟ぐりが苦しくない程度に狭いものを選んでおけば安心です。

また、前かがみになった時には腰部分の肌が出てしまうことがあります。これは、上着の着丈が短すぎるかズボンの股上が浅いことも原因となるのですが、レディース用では上着の着丈が長めを選んでみたり、少しハイウエスト気味なズボンのデザインなら安心です。洛西バスターミナルで洋服お直しのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です