Wifiの回線状況を改善したいなら中継器を

据え置き型ルーターとWifiを利用する機器が、離れすぎると電波状況が悪くなります。

距離が離れるにしたがって、Wifiのスピードは落ちていきます。家庭内でもルーターとパソコンやテレビの距離が離れすぎると、通信状態が不安定になり、突然Wifi接続が切れるトラブルが起きやすいのです。せっかく楽しくネット動画を見ていてた時、突然回線切断が起きたら、ストレスが溜まります。重要なデータをWEBサイトからダウンロードしている真っ最中に、回線トラブルが起きれば再び最初からやり直しです。

回線状況が不安定だと趣味や仕事の作業が、まったく捗りません。オンラインゲームや動画サイト、そしてブラウザソフトを安心して使うためには平均以上の回線スピードと安定性が必要です。ルーターの設置場所を変えるのが理想ですが、家の設備の関係上、物理的に難しい場合もあるでしょう。そんな時は中継器を設置する対策案が、おすすめです。中継器とは文字通り、Wifiの電波を中継する役目を持つ電子機器です。

ルーターとテレビやパソコンなどの間に中継器を設置すれば、距離によって通信スピードや安定性が落ちることなく、遠くの部屋でも快適にネット関係の作業が行えます。中継器は据え置き型ルーター同様、町の量販店やネット通販サイトで市販されており、ルーター本体よりもリーズナブルな価格で並んでいる事がほとんどです。初期設定や設置方法も簡単なので、ライトユーザーでも安心です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *