無線LANの通信速度とその決定要因

無線LANには、現在6種類の規格があり、その規格ごとに速度が異なります。

現在利用されている主な規格はIEEE802.11n、IEEE802.11acです。こうした規格は無線LANルーターによって決まるため、各機器のメーカーのホームページなどから探します。また、古いデバイスだと新しい規格に対応していないこともあるため注意しましょう。IEEE802.11nは最高で、600Mbps、IEEE802.11acは最高6.9Gbpsで通信を行うことができます。また、最新のIEEE802.11adでは6.7Gbpsの速度での通信が可能です。ただし、これらは理論上の速度であり、大元のインターネット回線以上の速さにはならないことに注意してください。

理論上の通信速度は上記のようになりますが、無線LANの場合、その利用環境によって大きく異なります。たとえば、障害物の有無や、そのほかの電波の干渉などが影響します。IEEE802.11nは2.4GHz帯といわれる電波を使用しますが、障害物の影響が少ない一方で、同周波数帯で使われる機器が多いために電波干渉が起こりやすく通信が不安定な点がデメリットです。そのため電子レンジやBluetoothなどの干渉に気をつける必要があります。

また、5GHz帯も利用可能ですが、この周波数帯は電波干渉は少ないものの障害物の影響を受けやすい点に注意が必要です。5GHz帯は、IEEE802.11acでも使われており、同様の性質になります。最新のIEEE802.11adでは、60GHzの周波数帯を利用しており、直進性が高く安定します。しかし距離による減衰が大きく、せまい範囲の通信でしか使うことができません。基本的には障害物が多い建物内での利用は2.4GHz帯、障害物が少なく開けた場所では5GHz帯を利用すると、通信速度が安定しやすいでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *