無線LANの速度が出ないときの確認ポイント

スマートフォンやパソコンのために無線LANを利用していても、突然速度が遅くなったり、つながらなくなることもあります。

無線LANはさまざまな理由で速度が低下しがちです。この場合に、速度を改善するために確認するべきポイントについて紹介します。まず確認すべきはルーターの場所と利用場所との距離です。インターネットにつながりにくくなるのが多いのは、ルーターと、スマートフォンやパソコンなどのデバイスとの距離が離れているケースです。また、壁や家具などの遮蔽物がある場合に速度は低下します。

無線LANは電波を使用していますのが、電波は音などと同じで距離で減衰し、遮蔽物によって吸収されたり拡散します。何もない場所でルーターの近くでの利用が理想的です。家庭内の場合は、電波を受け、増幅してくれる中継器などもありますので利用を検討してみるとよいでしょう。また、無線LANで使われている電波の周波数は、電子レンジやBluetoothで利用されている周波数と一緒です。そのため、電波干渉を受けてインターネットにつながりにくくなるケースがあります。

飲食店などでは電子レンジを使うケースが多く、思わぬところで電波干渉によって動作が不安定になります。無線のイヤホンを利用している人の近くもつながりにくくなる可能性があるため注意しましょう。そのほかにも、デバイス側の問題もあります。古い機器の場合、無線LANで提供している新しい規格を利用できず、低速の通信に終わってしまうことがあります。無線LANの速度を高めるためにも、ある程度の頻度でデバイスは新しいものに更新しましょう。また、セキュリティソフトを利用していたり、多くのアプリを利用している場合は、その影響で遅くなることがあるため注意してください。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *