ソフトバンクエアーに契約する際はエリアを確認しよう

ソフトバンクエアーは無線式のWifi接続サービスなので、光回線やADSLなどの有線を設置しなくてもすぐにインターネットが利用できるというメリットがあります。

ルーターをコンセントに接続するだけで基地局と交信が行われ、自宅内でWifiやLANケーブルを使用してインターネットが使えるようになります。ソフトバンクエアーは無線式なので、基地局から電波が届く範囲内でしかサービスを利用することができません。このため、契約する際は自宅が利用可能エリアに入っているかどうかを確認する必要があります。ソフトバンクエアーの公式サイトにアクセスすると、サービスエリアを確認することができます。

サービスエリアマップを開くと、地方・都道府県・市町村ごとに利用可能な地域のリストが表示されます。ソフトバンクに申し込みをする場合は、公式サイトのサービスアリアを確認するようにしましょう。

ソフトバンクエアーは電波でデータ通信が行われているので、サービスエリア内であったとしても場所によっては電波の受信状況が悪くて速度が低下する場合があります。自宅内にルーターを設置した際に通信速度が遅かったり回線が不安定になる場合は、場所を変えて試してみることができるでしょう。戸建て住宅であれば、2階より上の窓際にルーターを設置すると回線速度が改善される場合があります。サービスエリア内でも電波の受信状況が悪いとサービスが利用できないケースがあります。場所を変えても通信速度が低い場合は、8日以内に申し出て解約するようにしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *